COMPANY
PROFILE

GREETING ~ご挨拶~

代表取締役 社長 平石 雅浩(本名・公宣)

代表取締役 社長
平石 雅浩(本名・公宣)

◆ PROFILE ◆
1976年 慶応義塾大学商学部卒
丸久株式会社 入社
1978年 同社 監査役
1981年 同社 取締役 就任
1990年 MARUHISA INTERNATIONAL CO.,LTD, 取締役
1993年 丸久株式会社 常務取締役
1994年 丸久(青島)時装有限公司 董事長
1995年 青島新東亜製錬有限公司  副董事長
1998年 丸久株式会社 代表取締役
2007年 丸久(青島)時装有限公司
総経理 併任
2009年 MARUHISA PACIFIC CO,. LTD,
会長 併任

ハードとソフトを兼ね備えた情報発信型メーカー

丸久は、創業以来半世紀にわたって自社ブランド確立を目指し、
メーカーとしての礎づくりに努めてきました。
タイやバングラディシュに生産拠点を設ける海外戦略をはじめ、
独自の生産システムを構築することにより、
商品力・生産力・企画力を培い、
他に類を見ない自己完結型のメーカーへと成長を遂げてきました。

今、アパレル業界は大きな変革期を迎えました。
グローバル化が重要なカギを握るこの時代に、
丸久が注目するのは我が社の卓越したハードウエアとそれに基づくモノづくりの力、
そして人々のオシャレ心を捉える企画力という両輪です。
ハードウエアとは、海外自社工場であり、自社教育設備であり、
充実した品質管理システムです。
「海外で上質な製品をより安く作る」メーカーとして大きな信頼を獲得してきた丸久は、
こうしたモノづくりの基盤となる優秀なハードウエアを有しています。
そしてその海外でのモノづくりを更に強化するために、
バングラデシュに自社としては最大の工場を作りました。
将来的には、欧米の有名SPAブランドとの取引も
視野に入れた生産活動を行っていきたいと考えています。

一方、これからの丸久にとって重要となるのは、新しいモノをクリエートする力です。
現在推進しているSPAメーカーとのコラボレーションにおいても、
これからはただ作るだけのビジネスではなく、
企画段階から積極的に参画しヒット商品を生み出すソフトの力が求められていくでしょう。
競争力を持った商品企画力を培うことが、他社との差別化のカギになります。
また弊社はバングラデシュとの経済友好関係を更に深めるべく、
新たに農業ビジネスを立ち上げました。
バングラデシュは豊富な農作物の生産国ですが、加工技術が乏しく、
廃棄処分される量が非常に沢山ありました。
そこで農業技術および貯蔵、加工技術を導入し、産品の付加価値をつけることで、
流通時に発生する腐敗をなくし、農業に携わる貧困層の農民の雇用創出を所得向上を
目指す事業を立ち上げました。
今後は、我が社の最大の武器である洗練されたハードウエアをベースに、
クリエーティブレベルを向上し、
ソフトウエアの力を思い切って打ち出していきたいと考えています。

生産中心のメーカーから、優秀なハードウエアに支えられた情報発信型メーカーへ。
丸久は、21世紀を勝ち抜くための新たな展開を目指します。

COMPANY ~会社案内~

CONCEPT

常識を超えろ、世界を超えろ、今日の丸久を超えろ

PROFILE

社       名 丸久株式会社
代表取締役  社長 平石 雅浩(本名・公宣)
創       業 1959年11月
資   本   金 9,900万円
事  業 内  容 子供服・婦人服・紳士服・肌着等の企画・製造及び全国量販店・専門店への販売
売   上   高 70.8億円(2016年3月期)、連結売上高 96.0億円
主  要  取  引  先 ㈱イトーヨーカ堂、イオン㈱、㈱しまむら、㈱ハニーズ、㈱赤ちゃん本舗、
㈱オンワード樫山、㈱ワールド、三起商行㈱、㈱コージィコーポレーション、トムス㈱ 等
所   在   地 〒772-8508
徳島県鳴門市撫養町斎田字浜端北72番地
電  話 番  号 088-685-0151(代)
従  業 員  数 163人(海外駐在員14人含む)
事   業   所 本社(地図)・東京支店(地図)・大阪支店(地図
関  連 会  社 親和株式会社(不動産・保険・物流)【鳴門市】
MARUHISA INTERNATIONAL CO., LTD.【タイ アユタヤ】
MARUHISA PACIFIC CO., LTD. 【バングラデシュ ダッカ郊外アダムジーEPZ】

HISTORY ~沿革~

1959年 丸久株式会社 創業
1960年 縫製部門 操業
1961年 クレープ肌着生産・販売開始
1969年 大阪支店 開設
1974年 子供服生産・販売開始
1982年 東京支店 開設
1983年 イトーヨーカ堂・ダイエーとのオンライン化実地
企業内短大 丸久学院 開校
1985年 丸久高等職業訓練校 開校
1987年 職業訓練法人 丸久職業訓練協会
1990年 タイ(バンコク)にて海外生産開始
1991年 婦人服生産・販売開始
1993年 タイ(アユタヤ)にて、海外子会社 MARUHISA INTERNATIONAL CO.,LTD. 設立・操業
1994年 タイ工場 増設
1995年 中華人民共和国山東省にて、海外子会社 丸久(青島)時装有限公司 設立
1996年 丸久ファッションアカデミー短期大学校 開校
2009年 バングラデシュ(アダムジーEPZ)にて、海外子会社 MARUHISA PACIFIC CO.,LTD. 設立
2010年 中国市場にて小売進出
MARUHISA PACIFIC CO.,LTD. 縫製工場 操業開始
2011年 MARUHISA PACIFIC CO.,LTD. 生地・染色工場 操業開始
                第二期工事完成(縫製工場)
紳士服生産・販売開始
タイ工場 浸水被害(10月27日)
タイ工場 再稼動 (12月29日)
2012年 MARUHISA PACIFIC CO.,LTD. 第三期工事完成(縫製工場)拡張
2013年 瀬戸内国際芸術祭 支援
2014年 ニュービジネス協議会 大賞受賞
SUPERSTAR ライセンス獲得 生産・販売開始
JFW-IFF 出展
MARUHISA PACIFIC CO.,LTD. 第四期工事(縫製工場)増設
中国 撤退
2015年 JFW-IFF 出展
2016年 MPC 第五期工事で5階建て倉庫の増設
2017年 農業事業の立ち上げ

ページのTOPへ