BUSINESS

FACTORY ~自社工場紹介~

事業案内はこちら >

丸久は自社工場を持つアパレルメーカーです。その役割をご紹介します。

MARUHISA PACIFIC CO.,LTD (MPC)

MARUHISA PACIFIC CO.,LTD (MPC)

MPCは編み立て工場、染色工場、プリント工場の4つがある一貫工場です。

2010年6月に操業を開始したバングラデシュ工場(MARUHISA PACIFIC CO.,LTD.)は、2011年12月の編立工場と染色工場の稼働に伴い、全行程の自社生産が可能な一貫工場となりました。
操業当初は100人体制でスタートした従業員も現在は2200人体制になっております。
生産能力に関しましても、編立は日産3t、染色は5.8t、生産枚数は月産80万枚となっており、国内外のお取引先様のご期待・ご要望にお応えすべく、順次増強してまいりました。
今後、バングラデシュ工場は、機能的にも生産能力的にもグループで最大かつ最良の工場に育て、日本市場及び世界市場に通用する衣料品を生産できる工場を目指します。

MARUHISA PACIFIC CO.,LTD (MPC)

MARUHISA INTERNATIONAL CO.,LTD (MHI)

1990年12月に操業を開始したタイ工場(MARUHISA INTERNATIONAL CO.,LTD.)は、操業20年を過ぎ、ベテラン工員による卓越した縫製技術で、差別化を狙った生地を使用した高級品の生産を得意としています。
日本向けだけでなくヨーロッパ向けの商品も生産し、丸久のメーカーとしての確かな品質を支えています。

糸の手配

糸の手配

世界の綿の相場を見ながら、どこの綿を使って、どの位の太さの、どの位の品質レベルの紡績かを確認します。
糸の手配で大きく原価が左右されます。

生地編立

生地編立

天竺編機10台、裏毛編機2台、リブ/スムス編機2台を備えており、日産3000kgの編立が可能です。

生地染色

生地染色

高温高圧染色機(10kg、30kg、100kg、200kg、500kg、600kg)各1台、常温常圧染色機(400kg、600kg)各1台を備えており、日産5800kgの染色が可能です。

裁断

裁断

CADを2台導入し、裁断機も10台備えています。日産35000枚の裁断が可能です。

プリント

プリント

顔料、ラバー、ラメ、発砲、フロッキー、クラック、厚膜など、多様なプリントに対応できます。
約2000面のキャパシティがあり、日産35000枚のプリントが可能です。

縫製

縫製

バングラデシュ工場では約1000台のミシンを揃え、月産80万枚の生産が可能です。
タイ工場では約250台のミシンで、月産12万枚の生産が可能です。

仕上げ・検品・検針

仕上げ・検品・検針

インライン検品と仕上げ検品を併用しています。検針も未検針と検針済みの商品が混在しないように検針機の中心を堺にして部屋を分割し検針前後での混入の無い様にしています。

×

ページのTOPへ